性格タイプ4の通常の状態:性格診断研究

性格タイプ4の通常の状態

通常のタイプ4は、

あえて自分自身を表現するよりも、

人生に芸術的で美的でロマンティックなものを求め、

なにか美しいものを通して間接的に個人的感情を表す。

空想や想像力で、また、情熱を高めることによって現実性を強める

。感情にのみこまれるようになることもある。

自分の感情を処理するために引きこもり、自己に没頭し、

自意識が強くなり、引っ込み思案になる。

自己を疑問視しはじめ(自己不信)、あらゆることを個人的に解釈し、

感覚過敏になり、自分が「異質」で「よそ者だと」感じる。

気まぐれですぐ気分を害し、感情的に傷つきやすい。

自意識とそれがもたらす憂鬱さの苦しみからなんとかして逃れたいと願う。

いよいよ他人と違うと感じるようになり、

そのために他人が送っているような生き方から逃れる。

自己憐憫は違った種類の放縦へとつながる(退廃的で官能的になり、

夢の世界や幻想や非現実的な望みにふけること)。

しかし、わがままで、人を見下し、退廃的で、非現実的で、非生産的である。

カテゴリー:性格診断タイプ4