性格タイプ1の不健全な状態:性格診断研究

性格タイプ1の不健全な状態

不健全なタイプ1は、独善的で、狭量である。

不健全な状態になると極端に独善的になり、融通がきかなくなってしまうのです。

彼らだけが真理を知っているとおもっているのであり、

偏狭、つまり非常に偏った思考をするようになります。

誰もが近づきがたい絶対の基準から容赦なく宣告を下す。

自分の判断に非常に厳密であり、

それが間違いでも自分が正しいと主張します。

そうなると彼らタイプ1が正しいと証明されるには、

彼ら以外の他人は間違っていることにならなければならない。

自分の論理的立場を主張するために、詭弁と合理化を用いる。

他人の悪事が自分の頭の中から離れないようになるが、

皮肉なことに、自分自身も同じように悪いことか

もっと悪いことをしているかも知れない。

偽善的なことに自分が説いているのと反対のことをしながら、

自分の矛盾した行為や態度を正当化しようとする。

もし他人が自分の言った通りにしなければ、

恐ろしく冷酷で虐待をするようになり、

他人を非難し、彼らが罰を受けるように手を打つ。

カテゴリー:性格診断タイプ1